旅に、グルメに、読書に、映画……      週末ライフの過ごし方
旅好きで多種多様な趣味を持つ、週末ライフを謳歌しているメンバーたちの日記です。
カレンダー

06 | 2006/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

しにゃさん

Author:しにゃさん
週末が忙し過ぎて、
平日になるとほっとする
そんなみんなの週末ライフです。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

人気blogランキングに参加中

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

訪問者数

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現代版わらしべ長者 “靴下長者”
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログ村に参加しています。一票応援よろしくお願いします。

24~26センチ Mサイズ足底がタオル地状のスニーカーソックスブラック・グレー・アイボリー・ホ...  第16弾【送料無料】訳あり 24/26男性用5足福袋抗菌防臭のしっかりソックス お試しにも【夏の...  足の裏までおしゃれにキメよ☆クマ(ライオン?)の滑り止めつきスニーカーソックス3足セット(2...


先週の土曜日、うちの近辺は、すごい大風が吹いてたんだけど、
ゼミのOB会で酔っ払って帰ってきたぼくは、
洗濯物を干してたことなどすっかり忘れて寝てしまいました。

日曜日に目が覚めてカーテンを開けると、
靴下を10足ほどつるしたラックがどっかに
吹き飛ばされてた!
ベランダから下を覗いてみてもどこにも見あたらへん。

なので今日、仕方ないので、仕事帰りに
ユニクロで靴下8足と、靴下ラック2号を
買って帰ってきたら何と!
どこから誰が拾ってきてくれたのか、
1階の郵便受けのところに、
靴下ラック1号が、靴下10足をぶら下げて
かかってるではありまへんか!!


こうして、朝には靴下貧乏になったのに、
夜には靴下18足も持ってる靴下持ちに
なったのでした。
めでたしめでたし。

靴下長者:175

P.S.
c-man、靴下1足500円で買わない??

スポンサーサイト
長新太さんの傑作『ちへいせんのみえるところ』を読む
にほんブログ村 本ブログへ
ブログ村に参加しています。一票応援よろしくお願いします。



でました!

あの名作『みみずのおっさん』を超える傑作が!

ちへいせんのみえるところ

長さん、51歳のときの作品です。
よく51歳にもなって、こんなぶっ飛んだ絵本が作れるものです。
ほんとにほんとに感心&尊敬します。

残念ながらストーリーは言えませんが(ひと言で終ってしまうので)、
曇天模様の下、ちへいせんのみえる広大な沼地で繰り広げられる
奇想天外なお話です。あまりの突飛さに脳がショートします。

この本が好きな人同士って、きっと感覚的に合うと思う。

3分もあれば読み終わるので、
ぜひ本屋さんで立ち読みしてみてください!

175


久々に観た邦画は、『猫目小僧』
にほんブログ村 映画ブログへ
ブログ村に参加しています。一票応援よろしくお願いします。



漫画はほとんど読まないぼくですが、
唯一好きなのが楳図かずおさんの漫画。
楳図さんの代表作『漂流教室』は、全巻持ってます。
(女優の黒木瞳さんや画家の横尾忠則さんも楳図かずおファンです。)

そんな楳図さんの漫画が最近どんどん映画化されていて、
特にこの『猫目小僧』は、日経新聞の映画評でも満点だったので、
かなり期待をして、早速、観に行きました。

渋谷のユーロスペースという映画館で上映しているので、
ウキウキしながら午後2時ごろ整理券をもらいに行ったら、
今日は夜9時からのレイトショーのみです。と言われ、
仕方なく夜9時まで時間をつぶすことに。
近くの漫画喫茶に行って、『猫目小僧』を全巻読んできました。

300年に一度子どもを産むという妖怪猫又の子ども、猫目小僧。
その異様な風貌から、人間から嫌われ、ひっそりと隠れて住んでいます。

ある日、喘息で苦しむ少年を助けてあげた猫目小僧は、
その少年と友達になり、少年のかわいいお姉さんに恋をします。

一方、少年の住む村で過去に封じ込められた妖怪ギョロリが復活し、
村の美少女を醜いゾンビ(肉玉)に変えていきます。
妖怪ギョロリは、自分が醜いので、美少女とか美しいものが嫌いなのです。

しかし、村人たちは、美少女を肉玉に変えたのは猫目小僧の仕業だと
思い込み、猫目小僧を退治しようと団結します。

次々と増殖する肉玉。肉玉の次のターゲットは、喘息の少年のお姉さんだ!
妖怪ギョロリを倒さない限り、お姉さんが危ない!
がんばれ猫目小僧!負けるな猫目小僧!



楳図作品に共通する重要なテーマとして、
“外見の美醜と内面の美醜”がありますが、
この映画もそのテーマを取り上げています。

心はきれいだけど顔に大きなアザのある人をいじめるような
顔はきれいだけど優しさのかけらもない人が出てきたりもしますが、
にもかかわらず、この映画には大らかな無邪気さと
童謡のような懐かしさがあふれ、大人だけでなく子どもにも
観てもらいたい映画になっています。

175

 浅草ジンタ with 楳図かずお/あしゅらの道のまん中で/猫目小僧

テーマ:映画 - ジャンル:映画

女性の楽しみの一つです
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログ村に参加しています。一票応援よろしくお願いします。

nubura

ふりふり
くねくね

ぴーひゃらら

ぷるぷる
ぷるぷる

ぴーひゃららん

リオのカーニバルで自分の体を健康的にセクシーに華やかに
惜しみなくだせるブラジル女性が好きになり、憧れ、
こういうの本当にいいなぁ。学ぶべきところがとあると
こころから思えるようになったのはつい最近のこと。
そんな風に考えられるようになったのも高校の時に偶然見つけた
下着通販がきっかけだし、おかげでコンプレックスも無くなりました。

それに週末にちょっといいレストランの食事でドレスアップ
する時も、下着までこだわってしっかりキメてから出かけて
みたりします。見えないのに、自分の中では存在感が大きいので、
プチ”週末セレブ”感を密かに味わえたりと意外にも下着って
楽しいものなんです。

私はこうして下着一つで気分が大きく変わる女性の大事なアイテムで
ある事を自分でも試行錯誤しながら日々体験をしています。
今回はそんな見えない部分のキレイ・かわいいを追求する
女性達を応援している下着通販をみなさんにご紹介したいと思います。

コンプレックスを払いのけ、個人的な楽しさを教えてもらった、
そして日本の下着規格や価格に悩んでいたけど、それまでも
解決してくれた、その下着通販とは・・・
”安くてかわいい”の代名詞でもある、みなさま、ご存知。

ピーチ ジョン(以下:PJ)』

最近でも世界中の下着を見て周り研究したPJの女性社長さんが
TVに取り上げられていましたが、PJの魅力は世の中の男性の為だけなく、
女性側の視点にも立ち”日常のおしゃれ”にも着目している点ではないかと
思いました。服の流行にも沿うデザインを取り扱っていたり、
素材の組み合わせ方、色づかいも好きだし、”ちら見せ”できる”見せる
下着”という新しい角度から入った商品もおすすめです。
そしてこだわりのあるかわいいカタログもつい何回も見てしまいます。
この全ての要素が今でもファンを離さず、増やし続けている秘訣なのでしょう。

そしてここ数年の間で、下着はさらにファッションと絡んだ部分で
進化していき、高機能性を備えたものが増えてきました。
さらにPJは世界に販売網を持ち、下着についての膨大なデーター量を
持つワコールと提携を結び、世界挑戦をはじめているそうです。
ますます目が離せないPJです。是非、カタログをお取寄せして
お試し下さい。楽しんで下さい。


それから、先日、一緒に生活をしていても、個人の時間としてPCに
向かう時間が長く、肝心な大事な人とのふれあいの時間が減ってきて
悩んでいると新聞に掲載されていました。カップル間ではデジタル世代
らしい問題が増えつつあるようです。それってなんだか人間的な部分でも
少し寂しいものを感じました。

週末こそ時間があります。
たまには二人でPJのカタログを見て選んでもらうなんていうのもいいんじゃないでしょうか?

manamo


プラネタリウム版『星の王子さま』
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログ村に参加しています。一票応援よろしくお願いします。



『聖書』とマルクスの『資本論』に次ぐロングセラーといわれる、
サン=テグジュペリの『星の王子さま』。

この本のプラネタリウム版があることを知ってる人は少ないと思います。

わずか30分程度のアニメですが、誰もいない砂漠の満点の星空の下で、
3Dアニメの立体的な星の王子さまが、あの美しいストーリーを繰り広げます。
3Dアニメって何か寒々しい感じがあって好きではなかったんだけど、
星の王子さま』の少し物悲しい孤独な世界を描くにはぴったり。

本を読んだことがない人にも、愛読者にもお奨めです。

ちなみにぼくが行ったのは、築地駅から歩いて10分ほどのとこにある
タイムドーム明石”というところ。とてもきれいなプラネタリウムです。

土日もやってるので、静かにくつろぎたい週末にぴったりです。
大人1人300円です。

175

P.S.
星の王子さまの香水を発見!
星の王子様: 星の王子様 B612 EDT 100ml
長新太さんの名作『みみずのおっさん』を読む
にほんブログ村 本ブログへ
ブログ村に参加しています。一票応援よろしくお願いします。



以前、長 新太さんの絵本『キャベツくん』を紹介して以来、
久しぶりにまた読みたくなってしまっていた長 新太さんの絵本を、
とうとう買ってしまいました。

そしたらやっぱりおもしろかった!


『みみずのオッサン 』が出版されたのは、2003年なので、
長 新太さんが、76歳のときに描いた本です。76歳でこの発想力・・・
すごい!のひと言です。

で、気になる内容は?


とある町での出来事。

ある日、突然、町にあるペンキ工場と絵の具工場とクレヨン工場が
大爆発を起こします。そして、ペンキと絵の具とクレヨンが飛び散り、
町はべたべたのどろどろになり、動かなくなってしまうのです。

「キャ~、たすけて!でもきれいな色ねえ。」と叫びながら、
町の人はつぶされていきます。

さあ大変!

そんな時!たまたま近くを通りかかったみみず(名前は、オッサン)が登場。
大活躍をするのです。
みみずのオッサンの登場で、ストーリーは一気に展開し、
最後には地球規模のすごい話になっていきます。まさに大スペクタクル!!

そして、突如訪れる静かな幕切れ。。。



う~ん。おもしろい。
早期の映画化が望まれます。

175

P.S.
長さんの絵本一覧は、こちら!


初めての歌舞伎見物
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログ村に参加しています。一票応援よろしくお願いします。



先週末、マレーシア人の友人たちと一緒に行った、生まれて初めての歌舞伎
いや~、すごかったです。さすが400年の歴史があるだけある。

ぼくが観たのは、『山吹』と『天守物語』。

天守物語』は、何年か前の大晦日に映画版を放送していて、
それを観てうっすらとストーリーを覚えていたので、特に楽しめました。

そして、ストーリーのおもしろさ以上に、
山吹色とか真朱とか藤色とか、日本の伝統色をふんだんに使ったきらびやかな着物、
豪華な舞台と小道具、絶妙な間の取り方なんかにも感心しました。

一番すごかったのは、坂東玉三郎が演じる富姫と市川春猿が演じる亀姫との掛け合いの上手さ。
言葉の花の蝶が飛び交っていました。

で、こういうのがいいと思えるようになった自分に気づいて、
やっぱ日本人なんだと嬉しくなったりしていました。

日本は、いい文化を持ってるなあ。

175

新明解国語辞典を読んでみる
にほんブログ村 本ブログへ
ブログ村に参加しています。一票応援よろしくお願いします。

新明解国語辞典 新明解国語辞典
金田一 京助、 他 (1997/10)
三省堂

この商品の詳細を見る



国語辞典とは、分からない言葉があったときに引くものだ。

小学生や中学生のころ、授業中よく、退屈しのぎに国語辞典を読んでいたりしたけど、普通、読むものではない。
ところが、この新明解国語辞典は、読むと、いろいろな突っ込みどころがあって面白い。


たとえば、「恋愛」という言葉。
三省堂の大辞林には、
「男女が恋い慕うこと。また、その感情。ラブ。」
と書かれている。

なるほど。そのとおりだ。

新明解国語辞典を引いてみる。

「特定の異性に特別の愛情をいだき、高揚した気分で、二人だけで一緒にいたい、精神的な一体感を分かち合いたい、出来るなら肉体的な一体感も得たいと願いながら、常にはかなえられないで、やるせない思いに駆られたり、
まれにかなえられて歓喜したりする状態に身を置くこと。」

なんだ、この具体的描写は。

そのほかにもある。

「女」の定義は、
「一人前に成熟した女性。〔やさしい心根や優柔不断や決断力の乏しさがからまり存する一方で、強い粘りと包容力を持つ女性を指す〕」
とか、
(すごい主観的だなあ。。。)

「読書」は、
「研究調査や受験勉強の時などと違って]想(ソウ)を思いきり浮世(フセイ)の外に馳せ精神を道の世界に遊ばせたり人生観を確固不動のものたらしめたりするために、時間の束縛を受けること無く本を読むこと。[寝ころがって漫画本を見たり電車の中で週刊誌を読んだりすることは、勝義の読書には含まれない」
だったり、
(すごい思い入れがある・・・)

「世の中」は、
同時代に属する社会を、複雑な人間模様が織り成すものととらえた語。
愛し合う人と憎み合う人、成功者と失意・不遇の人とが構造上 同居し、常に矛盾に満ちながら、一方には持ちつ持たれつの関係にある世間。 (感動的ですらあります。)

(ちなみに、普通の辞書では、「世の中」=「人々が集まり生活の場としているこの世。世間。社会。」と書かれていたりします。)

この国語辞典は、とても有名みたいで、ウェブサイトを見ると研究してる人もたくさんいるし、「新解さんの謎」なんていう、この辞書へ突っ込みまくってる本も出ている。
ぼくも、電車でにやにやしながら、一気に読んでしまった。

みなさんも週末に国語辞典を読んでみてはどうでしょう?

c-man

人気blogランキングに参加しています。

テーマ:紹介したい本 - ジャンル:本・雑誌

今日は土用の丑の日
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログ村に参加しています。一票応援よろしくお願いします。

unajuu.jpg


今日は、土用の丑の日。
(今年は2回あって、もう1日は8月4日)

丑の日の由来は、有名なので、知ってる人も多いと思う。

江戸時代、商売がうまく行かない鰻屋が平賀源内の所に相談に行った。源内は、「丑の日に『う』の字が附く物を食べると夏負けしない」という民間伝承からヒントを得て、「本日丑の日」と書いて店先に貼ることを勧めた。すると、物知りとして有名な源内の言うことならということで、その鰻屋は大変繁盛した。その後、他の鰻屋もそれを真似るようになり、土用の丑の日に鰻を食べる風習が定着した。
(wikipediaから引用)

とのことだ。


さて、理由はともかく、うなぎは美味しいので、ブームに乗って、毎年この時期一回は食べることになってしまう。

一度行った、銀座にある竹葉亭で口にしたうなぎは、柔らかくて、ふわふわで、感動。



ところで、関東と関西ではうなぎの調理方法が違うのです。
江戸時代、武士の文化の影響を受けた関東は、腹を開く=切腹というイメージなことから背開き、
一方、商人文化の影響が強かった関西では、腹を割って話そうってことで、腹開き、
になったという。

僕は、関西出身なので、腹開きのうなぎをずっと食べてきた。
そのため、大人になって関東で食べるうなぎに違和感を感じるかというと、全然そんなことはなくて、旨いもんは旨い!
のであります。

c-man

人気blogランキングに参加しています。


『南の島のティオ』を読む
にほんブログ村 本ブログへ
ブログ村に参加しています。一票応援よろしくお願いします。

南の島のティオ 南の島のティオ
池澤 夏樹 (1996/08)
文藝春秋

この商品の詳細を見る



ある小さな南の島を舞台にしたファンタジー連作短編集だ。
そこで起こる不思議な出来事が10篇つづられている。


一番のお気に入りは、「絵はがき屋さん」

主人公の少年・ティオのお父さんが経営しているホテルに、ある日絵はがき屋さんがやってくる。

「この絵はがきを買ったお客さんが、このはがきで手紙を出すと、もらった相手は、どうしても絵はがきに描かれた景色をみたくなり必ずこの場所に来る」という絵はがきの売込みを受ける。

にわかには信じがたい話で、最初お父さんは信じないけれど、直感的に
信じたティオがお父さんを説得して、その絵はがきを注文した。
すると、実際に、その絵はがきが届いた人たちが続々とホテルに来たの
だった。


絵はがき屋さんは、ティオにティオの写真を載せた1枚の絵はがきをプレゼントした。そして、これはいつかティオが好きな人ができてこの島に来て欲しいと思ったときに投函すればいいというのだ。

ほしいぞ、この絵はがき!!!!


ファンタジーなんだし、起こるはずもないんだけど、なぜか起こっても不思議じゃないような気にさせられる。

魔法とか神様とかが出てきて、わくわくするし、南の島のゆるやかな時間が流れていて、この小説を読んでいると、ハワイとかバヌアツとかに出かけたくなる。

そういえば、世界で一番幸せな国がバヌアツだっていうニュースを最近読んだ。

バヌアツを旅行したときにも、そこに住む人たちは、確かに、幸せに見えた。

南の島で、日本人が忘れてしまった精神的な豊かさに溢れた生活。

うん、確かに幸せなんだろうなあ。

c-man


人気blogランキングに参加しています。

テーマ:ファンタジー小説 - ジャンル:小説・文学

ベトナム料理
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログ村に参加しています。一票応援よろしくお願いします。

g158610w.jpg



海外旅行の楽しみの一つに、食事がある。
その土地ならではの名物料理だったり屋台料理だったりを、昼間っからビールを飲みながら食べたりするのは、息抜きしてるぞ、という気がして、特に職場の周りの人たちとずらして休みを取って海外旅行なんかしているときには、意味のない優越感に浸ることができ、ますますビールも食事も進むというものだ。

さて、東京に住んでいると、世界各国のレストランがあって、いつでも、色んな国の料理を口にすることができる。

ということで、海外旅行から帰ってくると、まずは、行った国のレストランがどこにあるかを探すことになる。


もう4年も前になるけれど、僕にとって、初めての本格的な海外旅行はベトナムだった。
その旅行は、外国人と、ベトナムとラオスと中国の国境沿いの少数民族の村に3日間ホームステイするというウルルン滞在ツアーだったんだけど、旅程の中に、首都ハノイや世界遺産のハロン湾などでの滞在が含まれていて、そこで食べたベトナム料理というのが、本当においしかった。
ベトナムというのは、フランスに支配されていたことがあって、フランス料理の影響を受けていて、それと同時に、地理的には中国の近くということもあり、中国料理の影響も受けている。
これらが見事にミックスされて、ベトナムは、世界に誇れるくらい質の高い食文化を形成していると思う。

さて、そんなベトナム料理を食べることができるオススメは、恵比寿にある「Nha Viet Nam」というお店。
(たくさんチェーン店ができてきましたが、ここが一番と思う。)

ベトナム大使館の協力のもとオープンしたというこのレストランは、リーズナブルな値段で本格的なベトナム料理が食べられる。

白と茶のコロニアル調の建物もお洒落でいい感じ。
最近は、二胡とギターの生演奏なんかもやってるそうで、オススメ。

c-man
小川軒の ”レイズン・ウィッチ”
s-ogawaken.jpg



最近、手土産を持って出かけることがあったり、会社で菓子折りを買いに行くことがあります。値段と商品の質と食べたい時に買いに行けるのかというところで悩んでしまうので、デパ地下へ行きますが、それでもどうしても気に入ったものが見つからない時は、コレ!って決めているお菓子がいくつかあります。

今回はそのうちの一つをまた自分用に購入してしまい、本当にいつ食べてもおいしいので皆さんにもご紹介したいと思います。

そのお菓子はレーズンサンド。レーズンサンドといえば、北海道の六花亭のマルセイバターサンドも有名ですが、こちらもおすすめします。
小川軒の ”レイズン・ウィッチ

「レーズン」でなく、「レイズン」って書いてあるところもまた好きなのですが、大きめでバターたっぷりのサクサククッキーに、ぐにっとひと噛みした時の洋酒がたまらないレイズンと、甘すぎずやわらかいクリームのバランスが最高!

是非一度、温かい紅茶と一緒にどうぞ。

直接お店でも購入できますが、月に1度、一週間ほど日本橋高島屋の地下で販売しています。

※次回の日本橋高島屋での販売は、8月17日~8月22日です。

manamo

Strange vehicles

mcquay-norris-streamliner-rear.jpg



tank_car.jpg


(注)上記写真は、Diseno-art.com からの引用です。


世の中には、変わった乗り物があるものですね。


c-man


テーマ:お役立ち情報 - ジャンル:車・バイク

神様の話って、面白い
楽しい古事記 楽しい古事記
阿刀田 高 (2003/06)
角川書店

この商品の詳細を見る



神様。

世界には、神様を信じてる人がいたり、都合のいいときだけ神様を信じてる人がいたり、どんな神様も信じない人がいたりするけど、何を信じるか信じないかは個人の自由なんだから、それでよいのだと思う。

世界には、いろんな神様がいて、どの神様を信じているかというのも、ほんとに国や人によってそれぞれで、その中には、神様は唯一であって自分が信じる神以外に神はいないという人もたくさんいて、それは、争いごとになる原因の一つだったりするんじゃないかなあと思ったりもするけど、やっぱり、何を信じるかは個人の自由なんだから、自分が信じる神以外に神はいないという人がいても、もちろんかまわないと思う。


さて、そんな色々いる中で、僕は、「都合のいいときだけ神様を信じる」派に属するんだけど、世界のあちこちを旅行するのが好きで、海外旅行中にその国の人たちと触れ合ったり、建築物を見たり歴史を学んだりしていると、僕が属する派閥とは関係なく、その国の人たちがどんな神様を信じているのかについて、関心を持たずにはいられない。

そして、帰国直後、神様の勉強をしようと思うのだけど、これが、なかなかぴったりの本を見つけるのが難しいというのが、ちょっとした悩みだった。

というのは、僕が望んでいるのは、誰かから聞かれたときに、知ったかぶりできるくらいのレベルであり、専門的に研究したいわけじゃないので、図書館に行ってその手の本を探し出して借りてきても、分厚すぎる本は、結局読まずに返却することになり、そのうち高まった関心はいつの間にか消えゆき(海外から帰ってきた直後に英語を勉強しようって思うのと同じだ)、結局、何も知らないままになってしまうのだ。

でも、「都合のいいときだけ神様を信じる」派なので、それでも特に不自由はしないので、まあ良いかってことで、結論的には、別にいいんだけど、やはり知っていたらもっと面白く旅ができるっていうのは、間違いないので、そういう知識が手軽に入手できたらなあって思っていた。

そして、海外旅行をしていて、外国の人と話してて、もう一つ思うこと。
それは、あまりにも自分が日本のことを知らなすぎるということ。
(共感してくれる人、多いんじゃないかな。)

この2つの悩みを同時に解決してくれるのが、この本「楽しい古事記」だ。

イザナギの命(みこと)、イザナミの命(みこと)、アマテラス大御神、ヤマタノオロチ、ヤマトタケル、これらの名前を知ってるけど、詳しくストーリーを語れる人って、あまりいないんじゃないだろうか。
これら日本の神様にまつわる話がとても分かりやすく平易に書かれていて、読んでて、楽しい。古事記って面白いんだねー、という気になる。

いつの日か、何かの拍子に、この手の話が出たときに、ずっと前から知っていたかのようなそぶりをして、「あー、それはね、こういう話なんだよ」って知ったかぶりしたい。

これを読んだ人はきっと、いろんな面白い神様がいるんだなあ、神様って意外と俗っぽいんだなあと思い、神様を身近に感じて、「神様なんて信じない」派の人も、「都合のいいときくらい信じてやろうか」派に改宗することになると思う。

c-man

テーマ:神様 - ジャンル:小説・文学

映画 『ダンシング・ハバナ』
にほんブログ村 映画ブログへ
ブログ村に参加しています。一票応援よろしくお願いします。



うだるような暑さが続く今日この頃、いかがお過ごしでしょうか?
こんな暑い日には、何にも考えないで、純粋に音楽と踊りを楽しめる、
Hotな映画がお薦めです!

この映画の舞台は、フェデル・カストロによる革命が近づく1958年のキューバ。
そんな不穏な時代のキューバの首都ハバナに、お金持ちの親の仕事の都合で、
ガリ勉少女ケイティ(メガネを取るとセクシーなタイプ)が引っ越してきます。

最初は、何でキューバなんかに・・と不満だったケイティでしたが、
宿泊先のホテルで知り合ったキューバ人のウェイター、ハヴィエルに
キューバ・ダンスの楽しさを教えてもらい、だんだんメガネが取れてきます。

ケイティの両親は、貧しいハヴィエルと、娘が懇意にすることに反対し、
妹までも「姉がキューバ人と付き合ってたらかっこ悪い。」なんて言うのですが、
自分の心が本当に楽しいことが何かが分ってきたケイティは、
心が感じるまま、キューバ・ダンスとハヴィエルを選びます。
キューバ・ダンスのおかげで、ケイティの心は解放され、自由を得るのです。
そして、ダンスもめきめきと上達していきます。

そんな時、ケイティは、優勝賞金5,000ドル獲得を目指して、
キューバ・ダンスコンテストにハヴィエルとペアで出場することになります。

そして、決勝戦まで残ったケイティペアを含む3組によるダンスが始まり、
3組目として、ケイティペアが踊り始めた時、なんと・・・

突然、発砲事件が起きます!!

コンテスト会場は大混乱!!
もしかしてキューバ革命勃発??んなあほな!
なんだなんだ!いったいどうなっちゃうの?!

・・・

175

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

『天然温泉 虹の湯』
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログ村に参加しています。一票応援よろしくお願いします。



nizinoyu_rogo.gif


日経新聞の“日本のスーパー銭湯ベスト10”で、
1位に選ばれていたのがここ、『天然温泉 虹の湯』。

奈良に行ったとき、わざわざ片道1時間くらいかけて
電車とバスを乗り継ぎ、大雨の中、『虹の湯』に行ってきました。

大人700円という入浴料の安さ(タオルレンタル・石鹸は、別料金)なのに、
なんと37種類ものお風呂に入れます!
特によかったのが檜風呂。いい香りで落ち着きました。

奈良に行ったときは、ぜひ立ち寄ってみてください。
※地図は、こちら

175

映画 『尻怪獣アスラ』
asura

ケーキが巨大化して街を破壊する『アタック・ザ・ジャイアントケーキ』、
忍術を身に着けたチアリーダーが巨悪を倒す『チアリーダー忍者』に続く
正真正銘くだらない映画『尻怪獣アスラ』を観ました。
キャッチコピーは、「世界に明日(アス)はない。」。

尻食いウシガエルに咬まれたことがきっかけで、
尻が巨大化し、ついには持ち主の尻を飛び出して独り立ちし、
ついには街を破壊するという映画です。

なんでこんな見るからに駄作って分ってる映画をおれは借りてしまうのかなあ、
と自己探求の旅に出ることができる映画です。

175

ロボットは人間に危害を加えてはならない

※昭和43年生まれ「ゼンマイ式歩行ロボット」

おととし、『アイ,ロボット』として映画化もされた
SF小説の巨匠アイザック・アシモフの短編集『われはロボット』では、
“ロボット3原則”が提唱されています。

その第1原則が、「ロボットは人間に危害を加えてはならない」

でも、原則は破られるためにあります。

高度1万2千メートルを30時間も飛べる無人ロボット兵器「プレデター」。
例えば、米国で操作をしながら、アフガニスタンまで飛ばして、
反米武装勢力を攻撃することができます。

今、イラク戦争に「プレデター」200機が投入されているそうです。
今年中にさらに400機増やすらしい。

ロボット戦争の足音がもうそこまで。。

とどまることを知らない科学技術の進歩。
もうそろそろスローダウンしてもいいんじゃないの?

人間に多様性がある限り(そして多様性は基本的にすばらしいんだけど)、
いいやつもいればわるいやろうもいます。

身に着けることによって、人間の力を何倍にも増強させる
ロボットスーツ。

このスーツの力を借りて、今年の8月上旬、アルピニストの野口健さんが、
筋ジストロフィーという病気を持ってる人や、四肢麻痺の人たちと一緒に
スイスのアルプス山脈登頂
をしようとしています。

このロボットスーツを開発した筑波大教授の山海さんは、
米国国防省からロボットスーツの軍用化に協力して欲しいと
要請を受けたとき、きっぱり断ったそうです。

米国国防省が資金援助してくれたら、さらに一気に開発が進むだろうし、
すごいお金持ちになれたかもしれなかったんだけど。

175


テーマ:サイエンス - ジャンル:ニュース

『ウはウミウシのウ』 宮田 珠己


2年前にバヌアツのハイダウェイ島で初めて挑戦し、
今年のGWにオーストラリアのグレートバリアリーフで2回目を経験し、
なんて楽しいんだろうとハマッてしまったシュノーケリング。

ダイビングをやる友人からは、ダイビングはもっといいよと言われ、
確かにそうだと思うんだけど、ライセンスを取ったり、
器材をレンタルしたり、いろいろ手間とお金がかかりそうなので
当分はシュノーケリングでいいなあと思ってました。

で、シュノーケリングのお勧めスポットを紹介するガイドブックを
探してみたら、これが全然ない!!
(ダイビング関係の本はたくさんあるんだけど。)

探しに探してやっと見つけたのが、アマゾンの古本コーナーで
99円で売ってたこの本!『ウはウミウシのウ』。

シュノーケル偏愛旅行記というサブタイトルがついてるだけあって、
この本の著者も、肩身の狭い思いをしながらも、ダイバーたちに混じって
世界のあちこちの海で、ひたすらシュノーケリングをしています。

著者は、変なカタチの海の生き物を見るのが何よりも好きで、
彼の3大見たい生き物は、

1.ウミウシ
  →カタチ的にひたむきさのようなものが感じられるから。
2.イザリウオ
  →手がある魚だから。
3.エイ
  →夜中にバサバサ飛んできて顔に留まったりしたら、と想像する
   だけで気持ち悪いから。

だそうです。

さらに、ぼくがグレートバリアリーフで見て、その美しさに度肝を抜かれた
イカについても、熱く語っています。

なんていい本なんだろう!

早速、この本に載ってるお勧めスポットに行くつもりです。

175


テーマ:お気に入りの本 - ジャンル:本・雑誌

映画館に行こう~浅草中映~
asakusaeiga


みなさんは、2本立ての映画館って知ってますか?

公開されてからちょっと経った映画2本を
1,000円くらいのお得な値段で観ることができる映画館です。

先週行った“浅草中映劇場”では、『力道山』と『タブロイド』の
2本を観て来ました。

さすが浅草の映画館だけあって、雰囲気抜群!
いったいいつ建てられたんだろう。

受付のおばちゃんは、ほんと下町のおばちゃんって感じだし、
お客さんも、よぼよぼのおじいさんや、会社さぼってるおっちゃんとか、
20人くらいしかいませんでした。
(ちなみにこの年季の入った映画館には、400人も入ります。
 なんてったって2階席もある!誰かいたら怖いから行かなかったけど。)

レディースシート(なぜか女性専用席がある)にもおっちゃんがたくさん座ってるし、
ぼくの横に座ってたおっちゃんは、「このスルメうめえな。」とか独り言を言ってるし、
仁侠映画なんかを観るにはぴったりの環境です。

2本立て映画館は、小学校のときの視聴覚室のような
レトロな雰囲気のところが多いので、そんな映画館で映画を観られることも
魅力のひとつです。

175


テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画

『週末とは何か?』
weekend


週末は、時間があるからいろんなことを考えてしまう。

例えば、この前の週末には、“週末とは何か?”を考えてた。

週末とは、金土日のことじゃないか!と思うかもしれない。

でもそう定義してしまうと、火曜日と水曜日が定休日の会社で働いてる人の
週末ライフブログは、仕事の話ばかりになってしまう。
そんなブログ、誰も読みたくない。

だから週末とは、“お休みの日とその前日”という定義が正しいんだと思う。

ということは、水曜日と日曜日が定休日の会社で働いてる人は、
1週間の半分以上が週末じゃないか!くそ~、うらやましい。

いや、待てよ。月水金の3日間だけ働いてる人なんて、毎日週末なのか。

と、こんなことを考えてたら、あっという間に週末が終った。

175

テーマ:どうでもいいこと。 - ジャンル:日記

芥川賞受賞作『蛇を踏む』を読む。
にほんブログ村 本ブログへ
ブログ村に参加しています。一票応援よろしくお願いします。



蛇を踏む 蛇を踏む
川上 弘美 (1999/08)
文藝春秋

この商品の詳細を見る



SFとかファンタジー小説って、結構好き嫌い別れますよね?

好きじゃないって人は、現実離れしてる話の展開に馴染めないっていう人もきっといるんじゃないでしょうか。

僕は、妄想好きなので、結構どんな世界でもすっと入り込めるほうで、従って、SFとかファンタジーもストーリーとして大体楽しめます。

この「蛇を踏む」も、友達から好きな作家として名前を聞いた次の日にたまたま本屋で見つけて、購入しました。


それにしても、思い切ったストーリーを考えるものです。

主人公のヒワ子は、アルバイト先の数珠屋に行く途中の藪で蛇を踏んでしまう。
そうすると、踏まれた蛇が「踏まれたので仕方ありません」と言って、女になり、「あなたのお母さんよ」と言って一緒に住むことになるのです。

ほんと、わけわかんないです。
解説には、「若い女性の自立と孤独を描いた」などと書かれていますが、そういった意味を求めて読むよりは、日曜の昼過ぎ、好きな音楽を聴きながらうとうとしてしまい、今自分は夢を見てるのかなあ現実なのかなあと、よく分からないような感覚に陥ることって、結構みんなあると思うんですが、そんな感覚になります。

ふわふわっとした感覚、そういうのが好きな人には、オススメです。

c-man




映画『クレイマー、クレイマー』をみる。



雨が降っている週末は、部屋でコーヒーを飲みながら映画を観て過ごすのが、好きです。

クレイマ、クレイマー』。

1979年製作ということで、28年も前の映画なんですが、まったく、古さを感じさせません。

観たことある人は多いと思いますが、

ダスティン・ホフマン演じる主人公テッドは、仕事第一主義で、家庭を顧みない毎日を過ごしていたところ、結婚8年目にして奥さんのジョアンナ(メリル・ストリープ)が、息子のビリーを置いて、家出してしまいます。
残されたテッドは、悪戦苦闘しながらも、ビリーの面倒を見て行く中で、育児にも目をむけ、子供の大切さを理解し始めます。そうした頃に、養育権を争って、別れたジョアンナが訴えてきて・・・

といったストーリーです。

子供もいないし、結婚もしていないけれど、
なんというか、登場人物一人ひとりの描き方がとても丁寧で、演技も抜群に上手なので共感するところが多いです。


最後のほうの場面で、フレンチトーストを作るシーンがあります。

無言で、でも、見事に連携してフレンチトーストを作る様は、父と息子が二人で1年半共に過ごしてきて、築き上げてきたものの大きさが伝わってきて、ジーンときます。

ラストシーンも、大げさなものではないけれど、
3人の関係がずっと続いていくこと(テッドとジョアンナがやり直せることはないにしても。)が暗示されていて、決して後ろ向きには終わらないところが、とても良かったと思います。


名作としていまだに多くの人の心を魅了するのが分かる、そんな映画です。

映画担当:c-man

どうして夕焼けは赤いのだろう。
yuuyake.jpg




夕焼けは、どうして赤いんだろう。

田舎道をドライブしていたある日の夕方、赤く染まった空を見ながら、彼女はつぶやいた。

僕は、こう言った。

夕暮れ時、恋人たちは川辺で寄り添い、それぞれに愛の物語を語る。
そんな無数の恋人たちの愛の語らいを見つめる太陽が、頬を赤く染めるからさ。


ちなみに、こういう説も有力です。


c-man
アジアの子供たち
にほんブログ村 旅行ブログへ
ブログ村に参加しています。一票応援よろしくお願いします。

週末、だけで行くことはできないけれど、
少し長めに休みを取って、のんびり過ごしたいときには、アジアは
最高の場所。


s-cambodia060707_00.jpg


カンボジアのバコン村にて。
(アンコールワットで有名な町、シェムリアップ郊外)


s-laos_060707_00.jpg


ラオスの首都ビエンチャンの郊外の村にて。


c-man

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

映画 『ロシアン・ドールズ』
s-russiandolls1.jpg


異文化交流って良いなあって思い始めた頃に観た映画、
スパニッシュ・アパートメント』。

ロシアン・ドールズ』は、バルセロナに留学にやってきた国籍も性別もばらばらの学生6人による一つのアパートでの共同生活を描いたスパニッシュ・アパートメントの続編で、主人公・グザヴィエのその後が描かれています。

ストーリー紹介を抜粋すると、、、
30歳になったグザヴィエは脚本家となるものの、いまだ思うように満足できる作品を書き上げることが出来ず、今もモラトリアム生活を続けている。そんなときバルセロナの留学生アパートで共同生活をしていた仲間のひとりがロシア人と結婚することになり、グザヴィエは式に出席するため、一路、ロシアのサンクトペテブルグへ向かう。



映画のパンフにある「25歳のあのときから、君の人生はどうなってる?」

僕の場合、どうもなってないんだけど、この映画の主人公・グザヴィエも、周囲の友達が着実に成長していくのと対照的に、仕事も恋も地についていなくて、情けない感じが、なんとも良いです。
(オンナをとっかえひっかえやってるとこは羨ましかったりも・・・)

ユーモアたっぷりでお洒落な作品でした。
主人公と同世代の人なら、共感できるところも多いのではないでしょうか。

それと、異文化交流、多国籍ってやっぱ良いなあと思いました。

映画評担当:c-man

週末はドライブでちょいと沼津まで
おいしいものを食べ歩くのが好きです。
って、みんなそうですよね?

帰り道のチェーン店の居酒屋なんかに行って4000円とか使って、食べ飽きた居酒屋フードを食べるくらいなら、1,000円、2,000円多めに出して、ちょっとお洒落なレストランに行ったり、珍しい各国料理を食べに行ったりするのが楽しい。

友達がやってる楽しいお店に行っていっぱいサービスしてもらうこともあります。

ときには、遠出することも。


今年の5月の中ごろ、友達に誘われて、車に乗って、都内から沼津までお寿司を食べに行きました。

沼津に行ったついでにお寿司を食べたわけじゃありません。

お寿司を食べるためだけに、高速に乗って、2時間かけて、沼津の馴染みのお寿司屋さんへ。

漁港内に多数立ち並ぶお寿司屋さんのなかでも、いつもひと際混んでいるのは、ネタが新鮮で大きくて、リーズナブルだからでしょうか。

もうこれ以上は食えんっていうほどお腹いっぱい食べて、一人4000円弱。

まあ、高速代など交通費入れたら、その倍くらいにはなるんですが。

帰りに温泉も入って、家に帰ったときには、あたりは暗くなってました。

旅行気分も味わえます。何よりも、おいしいもの食べるためだけに何時間もかけるというぜいたくな時間の過ごし方。

たまには、こんな週末の一日も良いですよー

c-man
富士山清掃ツアーに参加するの巻
富士山


青木ヶ原樹海。

ご存知のとおり、自殺の名所です。
好天に恵まれた6月のとある週末、青木ヶ原樹海に行きました。

もちろん、自殺の場所を探しに行ったのではなくて、
掃除をしに行ったのです。

掃除。
はい、知らなかったのですが、青木ヶ原樹海には、不法投棄され
たごみがたくさんあります。

そして、それらのごみを拾い集め続けていて、環境問題を多くの
人たちに訴え続けているのが、アルピニストの野口健さん。

野口さんは、「富士山から日本を変える」というスローガンを掲げ、7年間も富士山清掃に取り組んでいて、僕は友人と一緒に、先日の土曜日、その清掃活動イベントに参加してみました。

一日お手伝いした僕の目には、ごみであふれているように見えた青木ヶ原樹海だけど、これでも7年前に比べると随分減ったそうです。

普段エコな生活をしているわけではない(寒いときは暖房、暑いときは冷房のよく効いた部屋で生活してるし、ごみも、道端や山には捨てないけれど、スーパーにマイバッグを持ち歩くなどごみを減らす努力を殊更行っているわけでもないです)僕ですが、たった一日でもごみ掃除を体験したあとは、世界を見る目がほんの少しだけ変わった気がします。

道端や職場の廊下に落ちているごみに気づいて、たまに拾ったりするようになりました(たまにだけど)。


いつか富士山がきれいになって、日本がもっときれいになって、世界に誇れる日本、になればいいなと思います。
そうなるためには、みんなが環境問題に関わること、が大切なのかなと、思います。

かたく書きましたが、ごみ拾いって、やりだすと意外と楽しいもので、あっという間に清掃時間が終わってしまいました。
何事もやってみなければわからないものです。

週末の一日を使って、みなさんもこんなイベントどうでしょうか?

c-man

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。