旅に、グルメに、読書に、映画……      週末ライフの過ごし方
旅好きで多種多様な趣味を持つ、週末ライフを謳歌しているメンバーたちの日記です。
カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

しにゃさん

Author:しにゃさん
週末が忙し過ぎて、
平日になるとほっとする
そんなみんなの週末ライフです。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

人気blogランキングに参加中

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

訪問者数

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芥川賞受賞作『蛇を踏む』を読む。
にほんブログ村 本ブログへ
ブログ村に参加しています。一票応援よろしくお願いします。



蛇を踏む 蛇を踏む
川上 弘美 (1999/08)
文藝春秋

この商品の詳細を見る



SFとかファンタジー小説って、結構好き嫌い別れますよね?

好きじゃないって人は、現実離れしてる話の展開に馴染めないっていう人もきっといるんじゃないでしょうか。

僕は、妄想好きなので、結構どんな世界でもすっと入り込めるほうで、従って、SFとかファンタジーもストーリーとして大体楽しめます。

この「蛇を踏む」も、友達から好きな作家として名前を聞いた次の日にたまたま本屋で見つけて、購入しました。


それにしても、思い切ったストーリーを考えるものです。

主人公のヒワ子は、アルバイト先の数珠屋に行く途中の藪で蛇を踏んでしまう。
そうすると、踏まれた蛇が「踏まれたので仕方ありません」と言って、女になり、「あなたのお母さんよ」と言って一緒に住むことになるのです。

ほんと、わけわかんないです。
解説には、「若い女性の自立と孤独を描いた」などと書かれていますが、そういった意味を求めて読むよりは、日曜の昼過ぎ、好きな音楽を聴きながらうとうとしてしまい、今自分は夢を見てるのかなあ現実なのかなあと、よく分からないような感覚に陥ることって、結構みんなあると思うんですが、そんな感覚になります。

ふわふわっとした感覚、そういうのが好きな人には、オススメです。

c-man



スポンサーサイト

この記事に対するコメント
川上弘美
大好きです。
あの、夢みたな、あの感覚と余韻がたまらないです。
一番好きな作家です。
読破してますが中でも「神様」がサイコーですので読んでみて下さい。
【2006/07/10 22:50】 URL | にしえみ #- [ 編集]

ふーん。
ラオスの名作『魅惑の蛇女』と似たストーリーだな。

http://donzoko-kai.seesaa.net/article/9737333.html
【2006/07/11 00:00】 URL | 175 #n05n40aw [ 編集]

トラックバックありがとうございます
僕も川上弘美大好きです。

たしかに、なにか謎を解決しないと読んだ気にならない人にはつらいのかもしれませんねぇ…。

おもしろいのになぁ。
【2006/07/11 00:10】 URL | よっくん #T5lngZhU [ 編集]

独特の世界観
独特の世界感を持つ川上弘美。
命あるものとないものを融合させたり、時空間の境目をなくす。
とにかくちょっと非現実的な世界を描かせたらいまや右に出るものはいないのではないでしょうか? とにかく不思議な世界を持つ。
本人もそんな“不思議”な人なのだろうか?
それにしても、読者をストーリーの中に引き込ませるのが上手いよなぁ。
【2006/07/11 17:52】 URL | Yass #N0fGSRtA [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://donzokokai.blog73.fc2.com/tb.php/11-c58911f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「蛇を踏む」 夢のような奇妙な話

「蛇を踏む」 ☆☆☆ 芥川賞受賞作の「蛇を踏む」。“消えてしまう家族”である私の家では兄が消え、 兄の代わりに次兄と結婚したヒロ子さんは“小さくなる家族”だったために 起こる不思議な家族の交流を描いた「消える」 夜にまつわる想像が次々と短編形式で並ぶ「惜 ハムりんの読書 感想日記 おすすめの本【2006/07/10 20:56】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。