旅に、グルメに、読書に、映画……      週末ライフの過ごし方
旅好きで多種多様な趣味を持つ、週末ライフを謳歌しているメンバーたちの日記です。
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

しにゃさん

Author:しにゃさん
週末が忙し過ぎて、
平日になるとほっとする
そんなみんなの週末ライフです。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

人気blogランキングに参加中

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

訪問者数

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロボットは人間に危害を加えてはならない

※昭和43年生まれ「ゼンマイ式歩行ロボット」

おととし、『アイ,ロボット』として映画化もされた
SF小説の巨匠アイザック・アシモフの短編集『われはロボット』では、
“ロボット3原則”が提唱されています。

その第1原則が、「ロボットは人間に危害を加えてはならない」

でも、原則は破られるためにあります。

高度1万2千メートルを30時間も飛べる無人ロボット兵器「プレデター」。
例えば、米国で操作をしながら、アフガニスタンまで飛ばして、
反米武装勢力を攻撃することができます。

今、イラク戦争に「プレデター」200機が投入されているそうです。
今年中にさらに400機増やすらしい。

ロボット戦争の足音がもうそこまで。。

とどまることを知らない科学技術の進歩。
もうそろそろスローダウンしてもいいんじゃないの?

人間に多様性がある限り(そして多様性は基本的にすばらしいんだけど)、
いいやつもいればわるいやろうもいます。

身に着けることによって、人間の力を何倍にも増強させる
ロボットスーツ。

このスーツの力を借りて、今年の8月上旬、アルピニストの野口健さんが、
筋ジストロフィーという病気を持ってる人や、四肢麻痺の人たちと一緒に
スイスのアルプス山脈登頂
をしようとしています。

このロボットスーツを開発した筑波大教授の山海さんは、
米国国防省からロボットスーツの軍用化に協力して欲しいと
要請を受けたとき、きっぱり断ったそうです。

米国国防省が資金援助してくれたら、さらに一気に開発が進むだろうし、
すごいお金持ちになれたかもしれなかったんだけど。

175

スポンサーサイト

テーマ:サイエンス - ジャンル:ニュース

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://donzokokai.blog73.fc2.com/tb.php/13-ab4589b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。