旅に、グルメに、読書に、映画……      週末ライフの過ごし方
旅好きで多種多様な趣味を持つ、週末ライフを謳歌しているメンバーたちの日記です。
カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

しにゃさん

Author:しにゃさん
週末が忙し過ぎて、
平日になるとほっとする
そんなみんなの週末ライフです。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

人気blogランキングに参加中

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

訪問者数

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画 『ロシアン・ドールズ』
s-russiandolls1.jpg


異文化交流って良いなあって思い始めた頃に観た映画、
スパニッシュ・アパートメント』。

ロシアン・ドールズ』は、バルセロナに留学にやってきた国籍も性別もばらばらの学生6人による一つのアパートでの共同生活を描いたスパニッシュ・アパートメントの続編で、主人公・グザヴィエのその後が描かれています。

ストーリー紹介を抜粋すると、、、
30歳になったグザヴィエは脚本家となるものの、いまだ思うように満足できる作品を書き上げることが出来ず、今もモラトリアム生活を続けている。そんなときバルセロナの留学生アパートで共同生活をしていた仲間のひとりがロシア人と結婚することになり、グザヴィエは式に出席するため、一路、ロシアのサンクトペテブルグへ向かう。



映画のパンフにある「25歳のあのときから、君の人生はどうなってる?」

僕の場合、どうもなってないんだけど、この映画の主人公・グザヴィエも、周囲の友達が着実に成長していくのと対照的に、仕事も恋も地についていなくて、情けない感じが、なんとも良いです。
(オンナをとっかえひっかえやってるとこは羨ましかったりも・・・)

ユーモアたっぷりでお洒落な作品でした。
主人公と同世代の人なら、共感できるところも多いのではないでしょうか。

それと、異文化交流、多国籍ってやっぱ良いなあと思いました。

映画評担当:c-man
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
おー
面白そうな映画だ。
DVD借りて見てみようっと。
【2006/07/06 10:10】 URL | Yass #N0fGSRtA [ 編集]


共同生活。
海外のこういう生活は憧れますね。
きっと色々とあるんでしょうけど。
とっかえひっかえしたりしなかったり。
【2006/07/06 15:11】 URL | にしえみ #- [ 編集]


去年のフランス映画祭で見たな~。
ロマン・デュリスが来日するというので、
楽しみにしていたのに直前キャンセルされてがっかりした覚えが。
【2006/07/11 23:10】 URL | akiko #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://donzokokai.blog73.fc2.com/tb.php/3-a4095d26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ロシアン・ドールズ

(一部ネタバレ) やっぱり面白かったわぁ~ 「スパニッシュ・アパートメント」の5年後を描く「ロシアン・ドールズ」。 ロマン・デュリス演じる主人公グザヴィエ、バルセロナから戻って就職しようとしたとき閃いたんだったっけ。 作家になるって。 で、なれたのか? 「ロ シネマでキッチュ【2006/07/07 08:31】

『ロシアン・ドールズ』

フランス映画祭で2005年、2006年と続けて上映され、待ちに待った公開ヽ( ´¬`)ノ{/onpu/}『スパニッシュ・アパートメント』の続編『ロシアン・ドールズ』を観に行きました♪東京では、『ダ・ヴィンチ・コード』と同じ5/20に公開。(ダ・ヴィンチのおかけで影が薄れたか・ Mon plaisir ☆【2006/07/14 00:08】

ロシアンドールズ

みちゃった~スパニッシュアパートメントの続編、超楽しみにしていたロシアンドールズ!!監督:セドリック・クラピッシュ キャスト:ロマン・デュリス /オドレイ・トトゥ /セシル・ド・フランス /ケリー・ライリー 製作年:2005年/製作国:フランス 提供:角川ヘラルド映 カフェ評論家を目指すまつこのブログ~★【2006/07/27 23:24】

ロシアン・ドールズ:本当に大事な人は失わないと気が付かない シャンテシネ

前作のスパニッシュアパートメントから5年。バルセロナからパリにもどったグザヴィエのその後の話。「真夜中のピアニスト」「愛より強い旅」のロマン・デュリスがダメダメ男を演じている。 僕グザヴィエ(ロマン・デュリス)は小説家になりたくて物書きになった。小説は 気ままに映画日記☆【2006/07/27 23:52】

劇場『ロシアン・ドールズ』

監督:セドリック・クラピッシュ 出演:ロマン・デュリス、オドレイ・トトゥ、セシル・ド・フランス、ケリー・ライリー、ケヴィン・ビショップ、エフゲニィア・オブラツォーヴァ他 『スパニッシュ・アパートメント』の続きです。お話的には5年後とゆーことになってますです 映画ダイエット【2006/07/28 00:31】

30歳も悩める青春

132「ロシアン・ドールズ」(フランス・イギリス) 「スパニッシュ・アパートメント」はバルセロナで様々な国の若者と暮らし、破天荒な生活を送りながらも、人生の意義を見い出すフランス人青年グザヴィエを描いた作品(らしい)。それから5年後、グザヴィエは30歳を CINECHANの映画感想【2006/07/28 00:57】

共感するか、共感しないか 「ロシアン・ドールズ」

評価:80点{/fuki_love/}ロシアン・ドールズ超個人的採点です。要するにこの映画は、共感するか、しないかというだけの作品だと思います。この映画の登場人物の恋愛の悩みに共感すれば高得点、共感しなければそうでもない、というだけの話。話に特にまとまりがあるわけで 平気の平左【2006/07/28 00:59】

『ロシアン・ドールズ』

縷映画『スパニッシュ・アパートメント』の続編 『ロシアン・ドールズ』行ってまいりましたっ獵(>Д<)ゝ” 最高囹秊 『続編はつまらないもの』と言うのが通説ですが、 『ロシアン・ドールズ』は見事覆してくれま この映画見ないとイ~ヤ~ダ~!!【2006/07/28 01:44】

ロシアン・ドールズ/Russian Dolls

観てきました、「ロシアン・ドールズ」。出演者はロマン・デュリス始め、オドレイ・トトゥ等入れ替えはまったく無し。物語は前作「スパニッシュ・アパートメント」の5年後という設定です。ロマン・デュリス演じるグザヴィエは30歳。ライターとしては鳴かず飛ばず。やりたく マジック・映画について思うこと【2006/07/28 23:01】

ロシアン・ドールズ

『スパニッシュ・アパートメント』の方が面白かったけど『ロシアン・ドールズ』の方 酒と涙と男と映画【2006/07/29 09:07】

ロシアン・ドールズ

 相性の悪いロマン・デュリス。『スパニッシュ・アパートメント』という作品の続編でありながら、前作は未見。……こういった悪条件にもかかわらず、 シネクリシェ【2006/07/30 08:50】

No208「ロシアン・ドールズ」セドリック・クラピッシュ監督

~幾つになってもさまよえる魂~「セリアはとても美しかった。夢の結晶が息づいているような女だ。現実とは思えない美しさ。彼女は理想的バランスの道路だ。そこで暮らしてみたいと誰もが望むような道。美しい姿を何時間でも眺めたい。彼女の歩く姿を見ていたい。スカートの パラパラ映画手帖【2006/08/05 00:26】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。