旅に、グルメに、読書に、映画……      週末ライフの過ごし方
旅好きで多種多様な趣味を持つ、週末ライフを謳歌しているメンバーたちの日記です。
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

しにゃさん

Author:しにゃさん
週末が忙し過ぎて、
平日になるとほっとする
そんなみんなの週末ライフです。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

人気blogランキングに参加中

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

訪問者数

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画『モーターサイクル・ダイアリーズ』を観た
にほんブログ村 映画ブログへ
ブログ村に参加しています。一票応援よろしくお願いします。

masamotor.jpg


若かれしチェ・ゲバラは、親友とともにおんぼろのバイクで南米大陸を
縦断する冒険の旅に出る。旅でいろいろな人とふれあいながら、南米の
実情を目の当たりにする。そして、その旅の経験がのちのチェ・ゲバラの
人生に大きな影響の与える。

ストーリーもさることながら、ブエノスアイレスから、雪のアンデス山脈、
マチュピチュ、アマゾンと映像だけでも南米の魅力が伝わってきて
旅好きに僕にとっては、とってもよかった。
南米を大した計画も立てずに、旅をする。今までの価値観が覆されるような
経験をできるかもしれないと想像してしまう。
まぁ自分には当てもなく一人で南米を回るなんて、そんな勇気はないけどね。

ストーリーの中でももちろん印象的な場面がたくさんあった。

チェ・ゲバラはマチュピチュをみていたときの眼差し。
アンデスの人が仕事を仕事をもらえない人を見て、石をトラックに向けて投げる
時の悔しそうな表情。
アマゾンで川を横断して泳いでいるときの、必死な顔。

このときのチェ・ゲバラ(ガエル・ガルシア・ベルナル)の真剣な眼差しは、
映像から伝わってくるものがあった。

彼をいったい何を感じとっていたのだろうか。

最終的には、この旅の経験が革命家になるきっかけになったのだが、
旅から自分の人生に影響を与えるような経験をできた彼をうらやましくも思うし、
旅で出会った人からいろいろもの吸収・消化していくことができる彼は、
やはりすごいと思う。

さて、自分に置き換えてみると、旅(旅行)にはよく行くが、
例えば、バンコクで昼はマッサージ・プール・デパートでゆっくりする。
夜はお酒・○○○、っていうのを繰り返している。
まぁ別に旅に特別な目的を持つ必要もないと思うけど、
やっぱりチェ・ゲバラのような経験をできたら、なんとすばらしいんだろう。

次の旅(旅行)は、目指せチェ・ゲバラ!!!

おしまい

masa
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

TBありがとうございました。
続いて思わず「カストロとゲバラ」観てしまいました。
【2006/08/01 23:50】 URL | rubicone #- [ 編集]


うん。ほんと映像がよかった。
特に、場面場面ででてくる、
先住民の人の白黒の写真が好きでした。
【2006/08/02 00:15】 URL | 175 #n05n40aw [ 編集]


チェ・ゲバラ、かっこいいよねー。
南米を旅したくなるのは、俺も一緒です。
【2006/08/02 23:38】 URL | c-man #- [ 編集]


TBありがとうございました。
「旅映画」としてもこの作品は面白いですよね。私もマチュピチュへ行ってみたいと思いました。
これからも、どうぞよろしく。
【2006/08/05 23:09】 URL | poyance #- [ 編集]

いつもみています
はじめまして、よく拝見しております。これからも遊びにきます☆
【2008/10/25 13:25】 URL | はな #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://donzokokai.blog73.fc2.com/tb.php/32-3761f554
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「モーターサイクル・ダイアリーズ」

[:映画:] 「モーターサイクル・ダイアリーズ」偉大な人は、生まれながらに偉人ではなく、環境やその感性によって偉大になるのだ。 たぶん誰でもそうなのかも知れない。 そう思えるほど、若き日の革命家は、素朴で一見どこにでもいそうな普通の青年だった。チェ・ゲバラと That's the Way Life Goes【2006/08/01 22:18】

モーターサイクル・ダイアリーズ

「グランツーリズモ」という言葉はこの旅を語源としているらしい。ゲバラに絶大な影響をもたらしたこの旅は、意外に普通の若者の普通のツーリングって感じである。劇的な出会いがあるわけではないし。でもゲバラの心 cinema note+【2006/08/01 22:22】

『モーターサイクル・ダイアリーズ』

■監督 ウォルター・サレス(『セントラル・ステーション』)■製作総指揮 ロバート・レッドフォード■キャスト ガエル・ガルシア・ベルナル、ロドリゴ・デ・ラ・セルナ、ミア・マエストロキューバ革命の指導者として、今も世界中から愛されているエルネスト・チェ・ゲバ 京の昼寝~♪【2006/08/01 22:53】

モーターサイクル・ダイアリーズ

上映時間: 127分製作: 2004年 イギリス・アメリカURL: http://www.herald.co.jp/official/m_cycle_diaries/DVD: モーターサイクル・ダイアリーズ コレクターズ・エディション (Amazon.com)■2005/04/18 栄太(えいだ)の映画日記【2006/08/01 23:08】

モーターサイクル・ダイアリーズ (2003) THE MOTORCYCLE DIARIES 127分

 1952年、アルゼンチンのブエノスアイレス。喘息持ちながら理想に燃え好奇心溢れる23歳の医学生エルネストは7歳年上の陽気な友人アルベルトと南米大陸探検の旅に出た。アルゼンチンからパタゴニアへ、そしてアンデス山脈を越えてチリの海岸線に沿って進み、最終的に南米大 極私的映画論+α【2006/08/01 23:29】

モーターサイクル・ダイアリーズ

製作2003年、イギリス・アメリカ監督ウォルター・サレス出演ガエル・ガルシア・ベルナル、ロドリゴ・デ・ラ・セルナ1952年の南米大陸を舞台に、若き日のチェ・ゲバラの放浪を描いたロードムービーです。当時23歳の医学生だったチェ・ゲバラが、ブエノスアイレスからベネズ 映画で国際交流【2006/08/01 23:31】

モーターサイクル・ダイアリーズ

バッド・エデュケーション(以前の記事はこちら)から気になっているガエル・ガルシア・ベルナルの主演ということでモーターサイクル・ダイアリーズを見た。(DVD)監督 : ウォルター・サレス 製作総指揮 : ロバート・レッドフォード脚本 : ホセ・リベーラ原作:エルネ Casa de lapiz:鉛筆庵【2006/08/01 23:52】

「モーターサイクル・ダイアリーズ」

後にキューバ革命の英雄となる23歳の医学生エルネスト・ゲバラが年上の親友アルネストとともに中古のポンコツオートバイに乗って南米大陸を放浪するという”ロードムービー”である「モーターサイクル・ダイアリーズ」。映画の前半、二人の乗るバイク1939年型ノートン500が 俺の明日はどっちだ【2006/08/01 23:56】

モーターサイクル・ダイアリーズ

チェ・ゲバラについての知識はほとんど無いに等しいのですが、青春ロードムービーとしても十分に楽しめました。 シェイクで乾杯!【2006/08/01 23:59】

モーターサイクル・ダイアリーズ

革命家チェ・ゲバラの若き日を描いたロードムービー。チェ・ゲバラという人物が、どのような人物なのか良く知らずに見た。単純に青春物のロードムービーのつもりでDVDを借りてきたから…どうやらゲバラはキューバ革命の英雄らしい。この旅が革命家として目覚める... グレート・タカの徒然なるままに…【2006/08/02 00:54】

「モーターサイクル・ダイアリーズ」

南米が舞台の映画のようです。知ってる人は出てきません。2004年アカデミー賞の歌曲賞は受賞している模様。2003年製作の青春ロードムービー、127分もの。あらすじ1952年、アルゼンチンのブエノスアイレス。23歳の医学生エルネスト・ゲバラ・デ・ラ・セルナ ひらりん的映画ブログ【2006/08/02 02:35】

モーターサイクル・ダイアリーズ

伝説の革命家としてその名を世界に轟かせることになるチェ・ゲバラが学生時代に行なった南米大陸縦断の旅を、彼が残した日記を基に映画化した青春ロード・ムービー。情熱的で正義心に溢れた青年が、親友と共に大自然を疾走し、様々な人々との出会いを通して人間的な成長を.. Extremelife【2006/08/02 02:40】

モーターサイクル ダイアリーズ

先月観たのを今更追加。。。ガエルガルシアベルナル{/3hearts/}が、キューバ革命の若き英雄、チェ・ゲバラを演じた作品。~これは偉業の物語ではない。同じ大志と夢を持った2つの人生が、しばし併走した物語である~という前置きで物語は始まる。キューバ革命とか、チェ・ゲ 我想一個人映画美的女人blog【2006/08/02 08:52】

モーターサイクル・ダイアリーズ

チェ・ゲバラとなるきっかけとなった旅を,ラテンの心地良いリズムに乗せて描くロードムービー。 Akira's VOICE【2006/08/02 10:58】

モーターサイクル・ダイアリーズ

世界中に多くの信奉者を持つ革命家チェ・ゲバラ。そのチェ・ゲバラが医学生時代に友人と1台のバイクで南米を縦断した日々を綴った日記を映画化した青春ロードムービー。主演は「アモーレス・ペロス」「天国の口、終りの楽園」「ドット・ジ・アイ」などに出演し、人気... Imagination From The Other Side【2006/08/02 15:51】

モーターサイクル・ダイアリーズ(今日のMOVIE49)

モーターサイクル・ダイアリーズ(○)THE MOTORCYCLE DIARIES (2003)モーターサイクル・ダイアリーズ オフィシャルサイト 製作国 イギリス/アメリカ 《公開時コピー》遠い空の下、僕は世界がめざめる音を聞いた監督: ウォルター・サレス Walter Salles 製作: マイケ Absorbed in a movie【2006/08/02 19:26】

モーターサイクル・ダイアリーズ

劇場で観たかったけど見逃してしまった作品です。一度観た映画じゃないとDVDは買わない方なんですが、これは買っちゃいました。いい買い物だったと思います。キューバ革命の中心人物として有名なチェ・ゲバラについてはあまり詳しくないんですが、数年前... It's a Wonderful Life【2006/08/02 21:17】

モーターサイクル・ダイアリーズ

★★★★☆(5段階☆は0.5)革命家ゲバラの若いころの放浪日記。ゲバラについては、革命家ということぐらいしか知らなくて、喘息持ちで最初は医学をめざしていたんですねえ。これはゲバラの日記の映画化ですが、心に響いてくるものがありました。総指揮はロ... 小部屋日記【2006/08/02 21:23】

映画鑑賞感想文『モーターサイクル・ダイアリーズ』

さるおです。 チェ・ゲバラの著作『モーターサイクル南米旅行日記』と親友アルベルト・グラナードの著作を下敷きに制作された映画『THE MOTORCYCLE DIARIES/モーターサイクル・ダイアリーズ』(原題は『Diarios de motocicleta』)を観たよ。 監督は『CITY OF GOD/シティ・ さるおの日刊ヨタばなし★スターメンバー【2006/08/02 22:43】

モーターサイクル・ダイアリーズ

下知識なく見たこの作品は、若者二人の青春バイク旅行記くらいにしか映らなかった。アルゼンチンから南米を巡るバイク旅。行く先々での出来事は特につながりもなく、完全に内輪の世界。見ててもこの映画は何を伝えたいのかという疑問ばかり しーの映画たわごと【2006/08/02 22:45】

モーターサイクル・ダイアリーズ

モーターサイクル・ダイアリーズ監督:ウォルター・サレス出演:ガエル・ガルシア・ベルナル , ロドリゴ・デ・ラ・セルナ , ミア・マエストロStory『セントラル・ステーション』のウォルター・サレス監督、ガエル・ガルシア・ベルナル主演による青春ロ ちつ子の調教シネマCAFE【2006/08/03 08:49】

モーターサイクル・ダイアリーズ

《モーターサイクル・ダイアリーズ》 2003年 イギリス/アメリカ/映画 - 原 Diarydiary!【2006/08/03 19:36】

モーターサイクルダイアリーズ

モーターサイクルダイアリーズ 今日見ました。私の周りそしてメディアでも面白いよって言う感想が多いのですが、私は普通の映画だったなぁ~です。特にクスコのあたりから急にドキュメンタリータッチになるんだけどそこがすごく違和感があってずーっと引っかか.... Rabiovsky計画【2006/08/05 02:33】

モーターサイクル・ダイアリーズ 【傑作青春映画。お気に入りの台詞はあった?】

「美しいダイヤは隠せば隠すほど奪いたくなる」恋に夢中だったゲバラの台詞。こんな殺し文句がするりと出てくるところにゲバラのカリスマ性をかいま見る??この映画を観るまで私のチェ・ゲバラについての知識は、何年か前に読んだチェ・ゲバラの伝記小説と、SNKのビデオゲー 自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ【2006/08/05 09:12】

モーターサイクル・ダイアリーズ(ウォルター・サレス、2003年、イギリス=アメリカ)

去年のカンヌ映画祭でレッド・カーペットの上をにこやかに歩いていたのを見て以来、ずーっと気になっていたガエル・ガルシア・ベルナル君出演の作品をやっとこさ鑑賞(そんなに気になりながら、なぜここまで引っ張るのか・・)。いや~すばらしかったです。もちろんお顔も素 extra ordinary【2006/08/05 23:06】

モーターサイクル・ダイアリーズ

どうしても観に行きたかった映画にやっと行けました。都内では恵比寿ガーデンシネマ tomozoのうれし★たのし★大好き【2006/08/06 21:40】

「モーターサイクル・ダイアリーズ」

モーターサイクル・ダイアリーズ 「モーターサイクル・ダイアリーズ 」を観ました。よく街で「チェ・ゲバラ」のTシャツを着た人を見かけますが、教科書の歴史レベル以外の事は知りませんでした。 Bodhi Tree Book Club【2006/08/07 11:12】

モーターサイクル・ダイアリーズ

久し振りに見応えのある作品に出会いました。誰もが若い頃には正義感や世界を変えたいと思う純粋な気持ちを持っていたはず。それを思い起こさせてくれる映画だと思います。チェ・ゲバラが革命家と呼ばれる前、まだ生き方を模索していた時代をドキュメンタリー・タッチに描い Driftwood BLOG【2006/08/07 16:28】

彼らと一緒に、人生を変える旅に出る

「モーターサイクル・ダイアリーズ」 なぜか人は皆、旅が好き。日常から逃れたい、のんびりしたい、新しいものが見たい、体験がしたいなどいろんな理由があるんだろうけど 人生はお伽話もしくは映画のよう【2006/08/07 16:39】

「モーターサイクル・ダイアリーズ」

 モーターサイクル・ダイアリーズ 通常版「モーターサイクル・ダイアリーズ」 ★★★★☆ 監督:ウォルター・サレス 原作:エルネスト・チェ・ゲバラ 、アルベルト・グラナード 出演:ガエル・ガルシア・ベ NUMB【2006/08/10 23:44】

モーターサイクル・ダイアリーズ

オフィシャルサイト → モーターサイクル・ダイアリーズ1952年、喘息持ちだが“フーセル(激しい心)”の異名を取る23歳の医学生エルネストは、7歳年上の陽気な友人アルベルトとバイ 日々映画三昧【2006/08/11 18:17】

モーターサイクル・ダイアリーズ

モーターサイクル・ダイアリーズ 原題:The Motorcycle Diaries 2004年キューバの革命家として、南米ではもちろん世界中に信奉者を持つチェ・ゲバラ。本作はブエノスアイレスでの医学生時代の彼・エルネスト(本名)が、友人と1台のバイクで南米を縦断した日々... 真っ赤なメガネの言うことには【2006/08/13 00:27】

モーターサイクル ダイアリーズ

アルゼンチン生まれのマルクス主義革命家チェ・ゲバラが、マルクス主義を志すようになったきっかけであると言われる南アメリカ大陸オートバイ旅行を元に作られた映画。 といっても僕なんかはこれを見るときに、そのような予備知識が全く無かったので・・・。 普通に若者二 下町の映画館【2006/08/15 17:40】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。