旅に、グルメに、読書に、映画……      週末ライフの過ごし方
旅好きで多種多様な趣味を持つ、週末ライフを謳歌しているメンバーたちの日記です。
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

しにゃさん

Author:しにゃさん
週末が忙し過ぎて、
平日になるとほっとする
そんなみんなの週末ライフです。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

人気blogランキングに参加中

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

訪問者数

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミステリー小説『ハサミ男』を読む。
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログ村に参加しています。一票応援よろしくお願いします。


ハサミ男 ハサミ男
殊能 将之 (2002/08)
講談社

この商品の詳細を見る



ミステリー小説をよく読みます。

眠れない夜など、ミステリー小説を読んで、ますます眠れなくなってしまいようやく読み終える明け方に眠くなってきて激しく後悔することがよくあります。


ここ2、3日、仕事を終えてまっすぐに家に帰れる日々が続いているので、まとめ買いしておいた文庫の中から、昨日は「ハサミ男」を読み出しました。

夕食を食べてシャワーを浴びて、ビール飲みながらブログを書いたあとだから読み始めたのは、10時ころだったでしょうか。

僕は、本を読むスピードが遅いので、一冊を読み終えるのにはかなりの時間を要するのですが、この本も、読み終えたのが夜中の3時過ぎ。

いやあ、夢中になって、一気に読んでしまいました。

内容については、ネタバレになってしまうため、あまり触れられませんが、いわゆる本格ミステリーというジャンルが好きな人にとっては、非常に面白く読めるものだと思います。

僕も、意表をついたラストで、やられた!と思い、読み終えたあと、もう一度最初から、読み直しながら、「あー、だからここはそうだったのかー」「なるほどねー、そういうことだったら、ま、そうだよねー」なんて感心せずにはいられませんでした。

読んでない人にはよく分からないと思いますが、一読をオススメします。

c-man

追記:映画化されたようですが、どうやって映像化したんだろう。信じられない・・・
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

はじめまして。TBありがとうございました。
この作品は本当に面白かったですね。
ネタバレであまり言えないのが口惜しいですけど。確かに、最初から読んでいろいろ確認したくなります。
映画版も悪くない出来と聞きましたので見るのが楽しみですが、本当にどうやって映像化しているんでしょうね。
【2006/09/10 22:11】 URL | ソラチ #- [ 編集]


TBありがとうございます。
本当に一読をお勧めするミステリー小説だと思います。
ネタバレで大いに話せないのが残念ですが・・・。DVDになっているようですので、買おうかな?
【2006/09/11 19:07】 URL | book-love #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://donzokokai.blog73.fc2.com/tb.php/72-9278dbc2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ハサミ男/殊能将之

ハサミ男殊能 将之美少女を絞め殺し首にハサミを突き立てる連続殺人。「ハサミ男」と呼ばれる犯人が3人目の犠牲者として目をつけた彼女。しかし、彼女は先に誰かに殺され、しかも首にはハサミが突き刺さっていた。第一発見者はハサミ男。本人だけは「ハサミ男」の3度目の犯 ながし読み日誌【2006/09/10 22:08】

ハサミ男/殊能将之

オチは立ち読みであらかじめ知ってたのですが、それでも十分楽しめました。 表紙カバー折込部の「著者のことば」でこれは失敗作か?と思わすようなコメントが記されており噴き出し、そして作者がかわいいなーと思った。どうしてこんな話になっちゃったんだろー、というコ うつわの器【2006/09/10 23:50】

「ハサミ男」 殊能将之

< 活字で触れてみよう!ハサミ男! >以前から随分話題になっていて「ハサミ男」は面白い!との評判も耳にしていた。 しかも、なんと最近、映像不可能らしいこの「ハサミ男」がどうやら映像を可能にしたらしく、お見事映画化されたとのこと・・・。 ‘ほんとかな.... 雑板屋【2006/09/11 05:11】

「ハサミ男」殊能将之

タイトル:ハサミ男著者  :殊能将之出版社 :講談社文庫読書期間:2005/06/29 - 2005/07/01お勧め度:★★★★[ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ]美少女を殺害し、研ぎあげたハサミを首に突き立てる猟奇殺人犯「ハサミ男」。三番目の犠牲者を決め、綿密に調べ上げるが、自 AOCHAN-Blog【2006/09/11 11:39】

ハサミ男(B+)

ハサミ男著者名:殊能将之(著) 出版社:講談社 出版年:2002.08 ISBN :4062735229 初TBをしていただいた方のブログに紹介されていた一冊。 面白い!!ということだったので、早速購入。 美少女を殺害した後に、首にハサミを突き立てる猟奇殺人犯「ハサミ男」。三人 三十路の書庫【2006/09/11 19:10】

「ハサミ男」殊能将之

ハサミ男posted with 簡単リンクくん at 2005. 7.27殊能 将之講談社 (2002.8)通常2??3日以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る昔読んで感想を書いた。ほんのちょっとしか書いてない。いくらネタばれ厳禁とはいえ、すくなすぎるな・・・ 本を読む女。改訂版【2006/09/13 01:29】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。