旅に、グルメに、読書に、映画……      週末ライフの過ごし方
旅好きで多種多様な趣味を持つ、週末ライフを謳歌しているメンバーたちの日記です。
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

しにゃさん

Author:しにゃさん
週末が忙し過ぎて、
平日になるとほっとする
そんなみんなの週末ライフです。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

人気blogランキングに参加中

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

訪問者数

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画『カッコーの巣の上で』
にほんブログ村 映画ブログへ
ブログ村に参加しています。一票応援よろしくお願いします。

カッコーの巣の上で スペシャル・エディション カッコーの巣の上で スペシャル・エディション
ジャック・ニコルソン (2005/09/02)
ワーナー・ホーム・ビデオ

この商品の詳細を見る



1975年(僕が生まれた年だ)、アカデミー賞5部門を受賞した不朽の名作だ。

<ストーリー>
1963年9月のある日。オレゴン州立精神病院にひとりの男が連れられてきた。ランドル・P・マクマーフィ。彼は刑務所の強制労働を逃れるために狂人を装っていた。しかし、精神病院はもっと悲惨な状況にあった。絶対権限を持って君臨する婦長によって運営され、患者たちは無気力な人間にされていたのだ。さまざまな手段で病院側に反抗しようとするマクマーフィに、患者たちも心を少しずつ取り戻し始めた。そんな彼の行動に脅威を感じた病院は、電気ショック療法を開始するが、マクマーフィも脱走を計画し始める……。
(アマゾンより)


精神病院の中で、完全に病院側に統率された環境の中、無気力に死んだように日々を暮らす患者たちだったけど、マクマーフィの破天荒な振る舞いに、次第に影響されていき、人間らしさを取り戻していきます。

差別・抑圧されてきたネイティブアメリカンのチーフもそんな一人。聾唖者のふりをして誰とも話さなかった彼が、マクマーフィとの出会い・出会いの中、やがて心を開き、話すようになります。

そうして、少しずつ変わり始めていく中、マクマーフィは大きな事件を起こします。

そして、衝撃のラストシーン。

更生不可能と病院に判断され、脳の手術をされ廃人となってしまったマクマーフィ。
そんな彼を、親友となったチーフが・・・

そして、カッコーの巣を飛び立っていく・・・


ジャック・ニコルソンが素晴らしい。

c-man
スポンサーサイト

テーマ:心に残る映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://donzokokai.blog73.fc2.com/tb.php/88-b4654f93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。