旅に、グルメに、読書に、映画……      週末ライフの過ごし方
旅好きで多種多様な趣味を持つ、週末ライフを謳歌しているメンバーたちの日記です。
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

しにゃさん

Author:しにゃさん
週末が忙し過ぎて、
平日になるとほっとする
そんなみんなの週末ライフです。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

人気blogランキングに参加中

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

訪問者数

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画『ポセイドン』を観る
にほんブログ村 映画ブログへ
ブログ村に参加しています。一票応援よろしくお願いします。



ポセイドンの感想の前に、パーフェクトストームについて。
6年ぐらい前にボストンに1ヶ月ほど短期留学していた頃に見た映画だが、
漁師が大きい嵐に巻き込まれて、死んでしまう(確か死んだと思う。
もしかしたら、生還したかも)というなんとも単純な話。
英語を理解できなかったっていうのもあるが、お世辞にも面白い映画ではなかった。
ボストンで通ってた語学学校の先生にパーフェクトストームの感想を
聞かれて、詳細な感想を英語で答えられるはずもなく、
"only water"とだけ答えたら、この回答が意外にウケがよかった。
以後、パーフェクトストームの感想を聞かれるたびに、
"only water"と答えていた。

そのパーフェクトストームポセイドンの監督は同じある。

というわけで、ただの暇つぶしで大した期待をしないで、
ポセイドンの映画を見たのだった。

ストーリーはパーフェクトストーム同様単純。
豪華客船が巨大津波で転覆して、船が逆さまの状態になってしまう。
逆さまにはなったが、とりあえず、船の中にいれば安全ということで、
救助がくるのをみんな船の中で待っていた。
ところが、一部の人は、絶対に船は沈んで助からないと思い、
みんなが制止しようとするところを無視し、自力で船から脱出する。
結局脱出した一部の人は助かり、船の中で救助を待っていた人は、
やがて船が沈み、死んでしまうという話である。

けっこうスリリングな場面もあり、ストーリーに引き込まれることも
あったが、この映画の感想は、やはり"only water"であった。

で、なんでこの映画の感想を書こうと思ったのか。

それは、この映画には、すっご~い深い意味がこめられているのでは
ないかと感じたからである。

救助を待っていた人は死に、脱出しようとした人は、助かった。
つまり、人生において、自分にとって、どうしたらいいか分からない状況に
陥ったときに、その場でなにもしないでとどまっていてはダメで、
なにか行動をおこさなければならないということだ。

と、この映画の監督が、ポセイドンにそういう意味をこめていたのか
どうかは不明であるが、少なくとも自分にとっても人生の教訓になるような
映画であった。(かなり大げさだけど)

ぜひ、みなさんもこの映画を見て、感想を聞かせてください!

masa

アナザー・ポセイドン


POSEIDON
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント
ポセイドン
アナザー・ポセイドンに興味があります。
【2006/09/27 22:01】 URL | c-man #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://donzokokai.blog73.fc2.com/tb.php/94-eb1f2a3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。